最も著名な日本の芸能様式の四種類、能楽、狂言、歌舞伎、文楽は今日に至るまで続いています。
日本最古の芸能、能楽と狂言の起源は14世紀に遡ることができ、観阿弥と言う名の男とその息子、世阿弥により生み出されました。能楽は非常に伝統的かつ規律ある芸術形式であり、演者達は早ければ3歳から訓練を受け始めます。

ポータルサイトへのアクセスありがとうございます。 http://fukaiproduce-hagoromo.net